夏場を乗り切る、家での涼しいリラックススタイルを模索中。あまりに、適当だと家族から苦情がくるので…。暑くなくて(ブラタンクトップ)動きやすくて(ロングワンピNG)かわいい感じがいい。。

 

気づいたら全身黒タイツみたいになりかねない。

だって涼しいから・・・

そして、途中で筋トレとかするから(着替えたくない)

なるべく動きやすい恰好がいい。。

でもある程度の可愛さもほしい。

今のところキュロット(死語??)にいきついてる。

でも、今ってキュロット売ってないのね・・・・。

(めっちゃ近所の服屋で探した)(ガウチョとかはあったけど、キュロットは運動着しかなかった)

20210708.png

天然次女の、悪意のない一言こそ、胸にささるものです。。そして、何故子供は通路が好きなのか謎は尽きない。

20210707.png

 

ついに

「鬼ばああ」と呼ばれる。。

懐かしいな、鬼ばばあ。

まぁ、怒るし、いい歳だし仕方ないんだけどね…。(白目)

よそ様には絶対言わないように伝えた。

 

ソファーを「ソファーズ」と呼ぶ三女。お菓子の蓋は「ハッピースター」だし、自由だなぁ。

 

「ソファー」を「ソファーズ」と呼んでることに気づいてなかった。

ある日、旦那サマに言われて気づいた。

一度気づいてしまうと、娘が「ソファーズ」と言うたびに

気になって仕方がない。

20210627.png

次女に「新しい髪形どう?」って聞いたら「まぁ、普通かな!前の髪型もうわすれちゃった!」だそうです。まだ1日しか経ってないのに(笑)

20210625.png

 

のんびり屋さんな次女なのでした。

ちなみに、髪の毛はめちゃくちゃ洗いやすくなったし

食事の度に「髪の毛を結びなさい!!」と言わなくていいのめちゃ楽です。

朝、起きたときボンバーしてたら

寝ぐせ直しスプレーをプシュっとして櫛でとけばOK!

ら!!く!!!

 

次女、美容院デビュー!お姫様扱いされて、とっても嬉しそうだった。

 

毎朝毎朝3人娘の髪の毛を結ぶのが大変で。。

何なら、夜に3人分シャンプーとトリートメントして

乾かして…

大変なので前々から「髪の毛切ろう?」とプレゼンをしていました。

 

ある日、次女が

「〇〇ちゃんが髪の毛切ってかわいかったから、自分もあのくらいの長さにならしていいよ!」

と言い出したので即予約。

「ママ、もう美容院予約しちゃった~!」

と勢いで切ってきました。

人生初の美容院。お姫様扱いされてほくほくな次女なのでした。

20210624.png

31アイスクリームの8ポップに挑戦してきた。本当は10までいけたみたいだけど、予算的に8で!

 

 

箱アイスに比べたら、超高級だからなかなか手が出せないけど。

今月まで、トリプルポップ追加アイス+100円みたいなキャンペーンやってたから

1000円分買ってきた!!

20210623.png

 

持ち帰り用のドライアイスで雲ごっこもできるし、

なんか特別感あるし!

 

結果的には1000円でめっちゃ楽しめたので

これはアリかもしれない。(時々ね)

 

久しぶりに食べたホッピングシャワーおいしかった…!

 

 

 

しれっと、長女に罪を被せようとする三女。三女のメンタルが強い。

20210620.png

 

娘たちは誰一人、片付けられない。

3人が散らかし→次のおもちゃで遊び

を繰り返す中で、ひたすら片付け続ける。

家が狭いので、少し散らかっただけで足の踏み場もない。

おもちゃごとに、投げ込み収納を作ったり

おもちゃのほとんどを別の部屋に片付けて

厳選したおもちゃを出して…

数か月したらまた入れ替えて…

など、工夫しているけど。

効果ないね!!!!

 

寝る前に、パパママの間を陣取り、二人の鼻を掴んで満面の笑み。こういう何気ない事に幸せ感じてるけど、きっと三女は覚えてない。だからこうやって記録しておくのです。いつか、この日記を見たときに「幸せだったんだな」と伝わりますように

 

まぁ、全力でつかんでくるから

鼻は痛ったらありゃしないけど。

20210618.png

パパのリモートワークに大声で乱入する三女。会議の相手に「トイレに連れて行ってあげて」と言われたらしい。大丈夫、便座の上からの絶叫です。

 

多くの場合、私が対応するのだけど。

上の子を引き連れて少し外出していたり、と

私が忙しくしたその瞬間だけトラブルが起こりがち。

 

20210617.png

 

リモートワークが増えて、

昼食の準備や在宅環境の構築などいろいろと大変な事もあるけれど

子育てしている身からしたら

いざというとき「大人があと1人家にいる」というだけでもの凄く心強い。

(当然、普段は仕事優先だけど…)

一人で子育てしていた時は、度々「…詰んだわ」みたいな瞬間があったなと、懐かしく思う。

子供が大怪我して流血→お留守番させられないから、3人連れて病院へ駆け込む、とかね…。

 

いつまで続くか、リモートワーク。。

就寝前の運動に「だるめす」を導入した。結果、次女と三女がほぼ全裸で踊り狂うようになった。寝つきが最高に良くなったので、自分のためにも今後も続けていきたい。

 

 

流行の「だるめす」が子供たちにツボだったらしい。

爆笑しながら踊っている。

犬の被り物のほか、全身タイツのやつも気に入っていて

「もう一個、みたい!」とめっちゃせがまれるので大人はクッタクタになります(笑)

20210616.png

長女が家を出た瞬間、結構な確率で足元や机の下に忘れ物が放置されれいる。これは、何歳まで続くのだろうか…。

 

家を出る前はしっかり、準備した場所を確認して

忘れ物しないようにしようね。

 

と、何度も何度も何度も(×100)言ってるのだけど

何故か、まったく改善されない。

 

20210612.png

 

来年から、次女も小学生なので

頭が痛いです…。

最近スライム遊びにハマっている三女。気づけばほら。毛布にスライムソースをかけてるよ(白目)

 

つるつるな面についたら比較的取りやすいんだけどね。

布は…というか毛布は…いかんよ。

 

20210614.png

 

取ろうとすればするほど、奥に入っていくし。。

水で洗ってもなかなか取れない。

絶望感がやばい。

 

スライムで遊ぶときは、布、特に毛布類を近くに置かないようにしましょう(当然w)。

蛍を見に行った。小さなヘイケボタル。次女は蛍が大好き。毎年行くけど幻想的で感激する。

 

毎年恒例、蛍観察会。

子供が生まれてから初めて見た蛍。

その儚さと美しさに魅了されて

可能な限り、毎年見に行くようになった。

20210612.png

 

次女は蛍が大好き。

夕方からポツリポツリと飛んでいた蛍。

空が暗くなると、一気に沢山の蛍が舞い始める。

じーっと待ってると蛍が洋服や腕に止まってくれる。

成虫になってからは、寿命が本当に僅かな蛍。

「結婚相手を探しているから、すぐに戻してあげてね」と伝えると

「うん」と次女。

ふわっと飛んだ蛍が、またすぐ服にもどってくる。

クスクスと静かに微笑む次女。

「しずかにしないと、ほたるさん、びっくりしちゃうよね」

と愛おしそうに眺める。

葉っぱに戻してあげても、うまく葉に捕まれずポトリと地面に落ちてしまう。

「がんばれ」と小さな声で応援する次女。

 

ふわふわと上手に飛んで行った蛍に

「ばいばい」と手を振る次女。

 

2週間という短い期間で

結婚相手が見つかるだろうかと不安になる。頑張れ蛍。

来年、君たちの子供たちに、また会いに来ます。

 

 

さっきまで机の上で大人しく、紙切り工作をしていたハズなのに…一瞬で…どうしてこうなった。*目を離さないようにしなければですね…。

 

私と三女が並んでハサミで工作をしていた。

台所に用事があって、物を取り三女の傍に戻ると

髪の毛の毛束がボトボトとあちこちに。

「…!!!」言葉を失いつつ三女を見ると

一瞬目を離した隙に…前髪が…

 

 

20210612.png

 

三女が「かわいいでしょ」とニッコリ。

最近、ハサミ使うの上手になってきたから気を抜いていったけど

まだ3歳だから注意しないと…。と自分に言い聞かせたのでした。。

近所の小学生男児が、ものすごくジェントル&筆まめで、すごい!って思った。

 

近所の男の子。下校して帰宅したあとにサッとランドセルを置いて、家から出てきた。

家の前にランドセルを背負ったままの女の子が待っていた。

今から一緒に女の子の家に行くのかな?なんて見ていたら

女の子のランドセルをサッと持ってあげてて、二人でにこやかに

道路の向こう側へ消えていった。

 

え?さりげなさすぎて…?すごい…!

 

20210611.png

 

そんな男の子を一緒に見ていた近所のママ友さんが

「うちの息子に最近、キッズ携帯を与えたんですけど…ずっと、ショートメールしてて。女の子と…。相手もすぐ返信してくれるらしくて。仲良しなのはいいんですけど。宿題とか、夕ご飯とかの時間になってもやってて。どうしたらいいんでしょうね。」

という、悩みを打ち明けられ。

 

最近の子はすごいな!!と驚いた私です。

 

幼稚園バスの肘置きに毎日、カバンがひっかかって出てこられない三女なのでした。

 

プレから幼稚園の三女は今年で通園2年目。

だけど、毎日バスの手すりにカバンをひっかけ

通路で転び

階段から落ちてくる。

危なすぎる。いつ「バス、危ないから送ってください」と言われてもおかしくないと思っている。

20210608.png