Tag Archives: 次女

次女が寝起きの時に、ふわふわ嬉しそうだったので「どうしたの?」と聞いたら「しあわせな、ゆめを、みた」と微笑んだ。「どんな夢?」と聞いたら答えてくれた内容。大好きな人に囲まれて、大好きなスイーツを食べる。それが次女の幸せ。

20210924.png

 

次女のほんわかした性格がめちゃくちゃ好き。

いつも幸せそう。

ずっと、その柔らかさを忘れずに

幸せな世界を感じながら

ゆっくり大人になってほしい。

 

三女のお昼寝の時に、長女と次女がお部屋を綺麗にしてくれていた。感動。うれしくてめちゃくちゃ褒めたけど、後日同じことは決して起こらない不思議。

20210820.png

 

時々、本当に時々。

スイッチが入って

お手伝いや家事をやってくれる時がある。

すごくうれしくて、沢山褒めるのだけど

こどもの気が向いた時だけなので

同じことは二度と怒らないことが多い。

 

なんなら翌日、子供たちは散らかしすぎて

片付けず、めちゃくちゃ怒られたりする。

 

子育ての不思議。

 

漢字に興味を持ち始めた次女。最近読めるように(?)なった漢字は「お墨付き」。これを「おぎゅうにゅうき」と読んで喜んでいた。だって牛乳のパッケージに書いてあるんだもんね。

20210816.png

 

めっちゃ訂正して説明したけど

なんだか「おぎゅうにゅうき」が気に入ったようで

本人ニヤニヤしながら使っている。

まぁ、分かってるならいっか!

我が家では空前の「パッコロリン」ブーム。DVD見まくってるし、ぬいぐるみを揃えようとしたら…もうあまり売ってないのね。リンちゃんだけ買えず、いま全力で探し中。

 

「おかあさんといっしょ」と「いないないばぁ」の間にやってる

「パッコロリン」というアニメが我が家でめちゃくちゃ流行中。

主に次女が好きなんだけど、三女もはまっている。

気づかなかったけど、ほとんど再放送というか

DVDになってるのが多いのね。

始まった瞬間にセリフを暗唱しながらオチまで楽しむ次女。

 

何がいいかって

ひたすらに平和。ただただ平和。

悲しいとかいじわるとか、全くない世界。

みんなで「うふふふ」って笑いあっておしまい、みたいなアニメ。

 

次女がハマるまで真剣にみたことなかったけど

うん。なるほど。

平和大好き次女が好きなわけだ。

 

20210811.png

寝る前に、次女がポロっと好きな子の話を始めた。次女がこんな話をするのは初めてだから、私は「ふーん、そうなんだ」と平静を装いつつ、めちゃくちゃ脳内にメモした。年下の!!男の子!!うわああお!(心の叫び)

20210715.png

 

長女は割とおませさんで

年少のころには結構、男の子の話をしていた。

それとは対照に、次女はどちらかというと男の子が苦手。

「かわいい、女の子がすき」「男の子、こわいもん」「だって、男の子のキャラクターでしょ?」と

よく言っていた。

でも「ひかるくん」はとっても優しいから素敵だと思うって。

わあああお!と私、心の中で大興奮。

年長さんの記憶なんて、きっとすぐ消えてしまう。

大人になったら覚えてないだろうから、こうやって記録しておくよ。

 

いつか一緒に「そんな事あったんだ」って

お話できる日がくるかな??

 

YOASOBIをリビングで流していたら次女がめちゃくちゃ聞き入っていた。5歳児にもウケるYOASOBIすごい。

 

優しい感じの曲が好きな次女は

YOASOBIの優しい声とメロディに夢中になっていた。

 

20210712.png

 

最近の曲がわからなさ過ぎて

知人の娘の、小学校高学年&中学生の子の好きな曲をリサーチして

リビングで流す。

「最近の子は、こういう曲が好きなんだねぇ」と言いながら

「昔、両親もそんなセリフを言っていたな」と歳を感じた。

 

YOASOBIとか、ヨルシカ?ズトマヨ?

P丸様。(????)

沢山の「?」と共に学習中です。

 

天然次女の、悪意のない一言こそ、胸にささるものです。。そして、何故子供は通路が好きなのか謎は尽きない。

20210707.png

 

ついに

「鬼ばああ」と呼ばれる。。

懐かしいな、鬼ばばあ。

まぁ、怒るし、いい歳だし仕方ないんだけどね…。(白目)

よそ様には絶対言わないように伝えた。

 

次女に「新しい髪形どう?」って聞いたら「まぁ、普通かな!前の髪型もうわすれちゃった!」だそうです。まだ1日しか経ってないのに(笑)

20210625.png

 

のんびり屋さんな次女なのでした。

ちなみに、髪の毛はめちゃくちゃ洗いやすくなったし

食事の度に「髪の毛を結びなさい!!」と言わなくていいのめちゃ楽です。

朝、起きたときボンバーしてたら

寝ぐせ直しスプレーをプシュっとして櫛でとけばOK!

ら!!く!!!

 

次女、美容院デビュー!お姫様扱いされて、とっても嬉しそうだった。

 

毎朝毎朝3人娘の髪の毛を結ぶのが大変で。。

何なら、夜に3人分シャンプーとトリートメントして

乾かして…

大変なので前々から「髪の毛切ろう?」とプレゼンをしていました。

 

ある日、次女が

「〇〇ちゃんが髪の毛切ってかわいかったから、自分もあのくらいの長さにならしていいよ!」

と言い出したので即予約。

「ママ、もう美容院予約しちゃった~!」

と勢いで切ってきました。

人生初の美容院。お姫様扱いされてほくほくな次女なのでした。

20210624.png

就寝前の運動に「だるめす」を導入した。結果、次女と三女がほぼ全裸で踊り狂うようになった。寝つきが最高に良くなったので、自分のためにも今後も続けていきたい。

 

 

流行の「だるめす」が子供たちにツボだったらしい。

爆笑しながら踊っている。

犬の被り物のほか、全身タイツのやつも気に入っていて

「もう一個、みたい!」とめっちゃせがまれるので大人はクッタクタになります(笑)

20210616.png

蛍を見に行った。小さなヘイケボタル。次女は蛍が大好き。毎年行くけど幻想的で感激する。

 

毎年恒例、蛍観察会。

子供が生まれてから初めて見た蛍。

その儚さと美しさに魅了されて

可能な限り、毎年見に行くようになった。

20210612.png

 

次女は蛍が大好き。

夕方からポツリポツリと飛んでいた蛍。

空が暗くなると、一気に沢山の蛍が舞い始める。

じーっと待ってると蛍が洋服や腕に止まってくれる。

成虫になってからは、寿命が本当に僅かな蛍。

「結婚相手を探しているから、すぐに戻してあげてね」と伝えると

「うん」と次女。

ふわっと飛んだ蛍が、またすぐ服にもどってくる。

クスクスと静かに微笑む次女。

「しずかにしないと、ほたるさん、びっくりしちゃうよね」

と愛おしそうに眺める。

葉っぱに戻してあげても、うまく葉に捕まれずポトリと地面に落ちてしまう。

「がんばれ」と小さな声で応援する次女。

 

ふわふわと上手に飛んで行った蛍に

「ばいばい」と手を振る次女。

 

2週間という短い期間で

結婚相手が見つかるだろうかと不安になる。頑張れ蛍。

来年、君たちの子供たちに、また会いに来ます。

 

 

「1日1日毎日続くから、ずっと続くね」という次女的な思考に対して「数学的帰納法だね」とか懐かしい単語を出して感傷に浸るパパさん。

 

この記事を書いていたら

「なんか、もっと帰納法的な内容だったんだけどなぁ」

と釈然としない様子のパパさんでした。

 

 

20210527.png

次女の育てるオジギソウの芽を躊躇いなく抜く三女。事の重大さに気づいていない次女。

 

「こどもちゃれんじ」の教材で「オジギソウを育てよう」というものがあり。

次女は種を植えて「ぺこりん」という名前をつけて大切に育てていました。

毎日応援するために、低い位置に飾っていましたが

「新入り」を見つけた三女は…

 

 

20210526.png

 

躊躇いなく、発芽したばかりの芽を抜くのでした。

目の前で芽を引っこ抜かれても

事の重大さを理解しない次女は「ぼーーーー」っと眺めるばかり。

 

ものすごく焦っているのは私だけ。

あわてて植えなおして…後日どうなるか。

 

幼稚園のサツマイモ植えに参加した長女。植えられるのは年長さんだけなので、何年も待った念願の「植え」に感激。

 

年中さん以下は、見学。

年長さんだけの特権。

「サツマイモ植え」

 

プレの頃から見学で、やっと今年植える立場に!!とっても嬉しそうな次女。

秋には「収穫」の特権もあります。楽しみだねぇ。

 

20210524.png

長女は、クラスの中でも一番テキパキしていて、いつでも率先的に動く子だったけど。次女と三女は…マイペース!

 

 

幼稚園保育参観その①

 

次女は、文字書きプリントをずーーっと、ゆっくり、ゆっくりやっていた。

マイペース。

みんながプリントを終えて片付けをして、次の作業に移っているなかで

全く気にせず、ゆっくり作業。

やっと終わると、嬉しそうに先生の方にトコトコ歩いて行って(決して走ったりはしないw)

花丸をもらって、こちらを振り返ってニッコリ。

 

20210517.png

 

三女は、先生に止められても20分くらいずっと手を洗っていた・・・。

水がもったいないよ!と母はハラハラ。(チョロチョロだったからそんなに使ってないはず・・・)

マイペースな次女三女。

 

気にせずゆっくり大きくなってほしい。

 

次女の潔癖その②さっきまで自分のはいていたオムツを触れない。処分できない。

 

次女は夜中、まだオムツを使っている。

日中は完璧なのに、睡眠時のオムツ外れがまだできていない。

長女の時は、就寝時のトイトレもせっせと頑張った。

その結果

早々に長女は「夜中に自分で起きてトイレに行く」ができるようになった。

現在も、長女は「尿意で起きてトイレに行く&漏らしたら即時気づいて自分で

濡れたパンツとズボンを洗面所で水で洗って

新しいのにはき替えて就寝」ができる。

 

よく考えたらすごいなこれ。

私、小学校中学年くらいまで漏らしまくってたわ…。

この凄さを次女を育てるようになってから、更に実感するようになった。

20110512.png

 

相変わらず毎晩漏らしまくる次女。

朝起きたらオムツパンパン。

朝は、それを脱いでトイレに行くのだけど

次女は「脱いだオムツを二度と触りたくない」のである。

いつも生暖かいオムツが地面に転がっている。

間違えて踏んだり座ったりしたこともしばしば。

 

「自分のオムツだから、自分で丸めてオムツごみ箱に捨てること」

「寝る前にトイレに行って、夜中のおもらしを減らすこと」

をしっかりお話しても

なかなか通じない次女。

 

やっとの思いで何とか、毎日オムツテープだけでも巻かせる日々なのです。

 

 

次女は綺麗好き。自分の手を汚したくなさすぎて、三女にトイレ後のトイレットペーパーをやらせようとしていた。怒った。

 

来年から小学生になる次女。

幼稚園では先生が補助してくれているみたいだけど、自分で拭く練習をしてくださいと言われている。

家でも、トイレの後。特にウンチの後、しっかり拭けるように教えている最中なのである。

 

トイレットペーパーの畳み方、拭き方。

自分で拭いてみて、終わったら親を読んで仕上げをするというスタイル。

 

20210511.png

 

あまりに嫌すぎて妹にやらせていた。

二人で仲良くトイレ入ってるなーと思ってたら

これですわ。。

 

自分でやらないとダメだよ、と

説明した。

 

これが育児!!

最近の三姉妹。三女が次女の事を好きすぎて、いつもまとわりついている。長女はゴーイングマイウェイ。このパワーバランスは今後変わっていくのか否か。

 

小学生になってから、すっかり「やること」が増えた長女。

帰宅後、宿題、音読、明日の準備。

ピアノ、通信教育を終えて

近所のお友達と遊びに出かける。

20210508.png

 

次女と三女は2人でずーっと仲良く遊んでいる。

次女は心が太平洋のごとく広いので三女の理不尽な仕打ちを気にしない。

次女が寛容だから成り立っている関係性ともいえる。

今後次女の関わり方で、またパワーバランスがかわってきそうな三姉妹である。

 

 

近所のイベント会場に、よく出没する着ぐるみのトラが大好きな次女。に、現実を突きつける三女。

 

トラさんは大人の事情で会話ができないのです。

次女の問いかけに一生懸命相槌で答えるトラさん。

その横で、トラに切れ散らかす三女。

 

20210501.png

 

三女はこの歳で「中の人」の存在を感じているようだ。

次女はそれでも、それでも

気にせずトラさんが大好きで「トラさん、帰る前に走って遊びに行く」と

いつもトラさんが来る日を楽しみにしていたのでした。